FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

B「いの町の森林軌道」探検ツアー

高知市の隣り、いの町の吾北地区から本川地区にかけては、
かつて土佐藩のお留山であった山深い本川村の森の木を運搬する森林軌道が走っており
時には山の集落に住む人々や物資も運んでいました。

昭和初期に活躍した軌道跡はいまでもそのかすかな面影と共に残っています。
豊かな自然とともに、かつての山の暮らしが垣間見え、名山とはまた違った楽しみがあります。

かつて材木を満載した汽車が走っていた森の中を、想像力を巡らせながら歩いてみませんか?
「いの町内の森林軌道探検隊」隊員がご案内します。
IMGP5669.jpg

【カテゴリ】①観光のお客様&山登り初めての方(初心者)向けプラン

【開催日】 2014年10月中旬~2015年5月中旬 随時 (2名様から催行、15名様程度まで)
☆お申し込みはこちらへ。
★希望日の原則2日前まで、出来るだけ早くにお問い合わせ下さい。 案内人の都合がつかないときはご案内できないこともあります。ご了承ください。
☆小学5年生以上。

【コース】 2コースあり(2014年10月現在)
      ①越裏門コース(本川地区)
      ②川又コース(吾北地区)
【解散・集合】 ①越裏門コース:越裏門公民館駐車場
         (住所:高知県吾川郡いの町越裏門246−6★高知市内から車で約2時間。)
         ②川又コース:吾北むささび温泉西隣 すぱーく吾北駐車場 
         (住所:高知県吾川郡いの町小川東津賀才53-1★高知市内から車で約1時間。)

【所要時間】2時間半~3時間 
【スケジュール】
①越裏門コース
午前の部  10:00  集合
        10:05  スタート(軌道跡入口へ移動)
        12:30 解散

午後の部  13:00 集合
        13:05 スタート(軌道跡入口へ移動)
        15:30 解散

②川又コース
午前の部  9:40  集合
        9:45  スタート(軌道跡入口へ移動)
        12:45 解散

午後の部  13:40 集合
        13:45 スタート(軌道跡入口へ移動)
        16:45 解散

【料金】 お一人 3500円(保険料・ティータイム代・ツアー後のお温泉代・税込み)
森林軌道探検ツアー料金の一部は、いの町内の森林軌道跡の整備に使われます。
SH3H1134橋台3

【服装】
・長袖、長ズボン。汚れても構わない格好。
 フリースなどの保温着。
 合羽又はウィンドブレーカーなどの風を遮る服、上下(ジャケットとパンツ)。
・帽子と手袋または軍手。
・ソールの刻みの深い靴でご参加ください。
 足首を覆う防水のトレッキングシューズやスパイク付き長靴がお勧め。
 無い場合は、スニーカーで参加可能。
 越裏門コースは、沢の浅瀬を渡ります。長靴、防水のトレッキングシューズ以外でご参加の方は念の為、
 お車に替えの靴と靴下をご用意ください。
・リュックサックやウエストポーチなど、両手があく歩きやすい格好で。

◎越裏門コースで、昼食付ツアーも出来ます。
SH3H2397お弁当一例2
↑地元の素材を活かしたお母さんの味「本川あけぼの弁当」・一例
昼食代・保険料・ツアー後のお温泉代・税込み込お一人 4500円
弁当注文の都合上、8名様以上で可能。
午前の部のみ。解散時間:13:30となります。

◎ツアーの後、温泉はいかがですか?
本川地区には「木の香温泉」、吾北地区には「むささび温泉」があります。
入浴希望の方はタオル、着替えをご用意ください。

◎川又コース集合場所「吾北むささび温泉」までは、JR伊野駅から路線バスでアクセス可能。
午前の部:JR伊野駅9:00発→鹿敷(くらうど)9:15発→高岩センター前9:39下車
午後の部:高知駅バスターミナル12:24→JR伊野駅13:04発→高岩センター前13:41下車
・バスの料金等詳細は、「とさでん交通」088-846-4888 へ直接お問い合わせ下さい。

★「いの町内の森林軌道探検隊」とは?
いの町にひっそり眠る森林軌道を歩いて愛着を深め、ハイキングコースの開拓を目指すグループです。
いの町在住者を中心に、30代から60代のメンバーで構成されています。
HAPPY山歩き三浦真紀もメンバーの一人です。

★かつて汽車の走った軌道跡は斜度が緩く、ほぼ平坦で山登りよりも楽に歩けます。
けれど昭和3年に作られた遺構は、石垣などが崩壊している場所もあり足場が悪く、
慎重に通過する必要があります。
そのためハイキングよりも少しハードな「探検」としています。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

happy山歩き

Author:happy山歩き
日本山岳ガイド協会認定 四国山岳ガイド協会所属 自然ガイド 三浦真紀。
1975年三重県生まれ。山好きが高じて大阪のアウトドアメーカーへ転職。日本各地のフィールドで遊ぶ。北海道・大雪山が特に好き。仁淀川のカヌーが縁で結婚、高知県の山の中へ移住。
現在はキャンプ場の管理人をしながら、里山探検、いの町内の森林軌道調査・案内、我が子と山登りなど四国のフィールドを楽しんでいます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。