FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

陣ケ森ハイキング

A 戦国時代の砦山「陣ケ森」ハイキング

伊野町吾北地区と、土佐町の境にある、陣ケ森(じんがもり)。
標高1013mの眺めのよい高原状のこの場所は、中世の武将たちが砦争いをしたことから、この名前がつけられました。

ルートは幾つもありますが、放牧場からのルートは標高差の少ない初心者向けのコースです。
放牧地(時にはご当地牛・土佐赤牛などが草をはむ)の横を通って山頂への階段を登ります。
陣ケ森まで約100mの標高差を一気に登ると、その先は尾根上にある丸山広場、戸矢ケ森(1078m)など、幾つものピークへアップ&ダウンを繰り返します。よく整備された登山道は歩きやすいです。
IMGP0764陣が森 丸山広場より

尾根の上のススキ野原は雰囲気のよい場所。沢山歩いて、お昼ご飯を食べてのんびり過ごしましょう。
また陣ケ森は馬酔木(あせび)の群生地で有名、馬酔木がトンネルのようにかぶさる場所もありますよ。
IMGP7744 高知市方面の眺め
晴れれば、山のところどころにある岩の展望所から南側、直下は谷筋を走る439号線と田んぼなど山里の眺め、
正面にいの町と高知市の境の山並み、高知市の眺め、土佐湾も見られます。
山頂や北側は四国山地と嶺北の山並みが楽しめます。
IMGP7736戸矢ケ森 リス

尾根上にある岩場が乾いていれば、プチボルダリングをして展望も楽しみましょう♪

【カテゴリ】 ②山歩き初心者向けプラン

★希望日の2日前まで。出来るだけ早くにお問い合わせ下さい。
他のプランとの兼ね合い等で、開催出来ないことがあります。ご了承ください。

☆お申込み・お問い合わせはこちらへ。

★小学4年生以上(保護者も参加して下さい)。
☆3名様以上のグループで貸切も可能。家族で貸切の場合、幼稚園年長さんからご参加いだだけます。

【開催日】 12月~4月 随時(2名様から催行、6名様まで)
★標高1000mを超える山ですので1-2月は、降雪する日もあります。
その場合は、防水の登山靴プラス登山用スパッツ、またはソールの刻みの深い長靴(スパイク長靴がお勧め)が必要となります。必要な装備をお持ちでない時は、中止します。
★登り始めを低い場所にある登山口に変更して、歩行時間の長い「中級者向けプラン」を開催することも可能です。

【集合・解散】 吾北むささび温泉西隣 すぱーく吾北駐車場 
         (住所:高知県吾川郡いの町小川東津賀才53-1★高知市内から車で約1時間。)
              
【所用時間】  6時間30分(むささび道の駅集合・解散の場合)

【スケジュール】
 8:15  集合
 8:25  スタート(車で登山口へ移動)
 9:00  登山口到着・登山開始
      陣ケ森 (丸山広場、眺めの良い岩のある場所、戸矢ケ森など、適当な場所で折り返す)
14:30  下山(車で解散場所へ移動)
15:00   解散

☆歩行時間は4時間程度です。

★本格的ハイキングですので当日の天候・状況により、下山・解散予定が大幅に遅れる可能性があります。
ご了承ください。

◎集合場所「吾北むささび温泉」までは、JR伊野駅から路線バスでアクセス可能。
行き:JR伊野駅7:38発→鹿敷(くらうど)7:51発→高岩センター前8:15下車
帰り①:高岩センター前15:13→JR伊野駅15:53→高知駅バスターミナル16:32
帰り②:高岩センター前15:47→JR伊野駅16:25→高知駅バスターミナル17:08
・バスの料金等詳細は、「とさでん交通」088-846-4888 へ直接お問い合わせ下さい。

【料金】 お一人 4500円(保険料・ティータイム代・ツアー後の入浴料・税込み)
☆1グループ4~6名様でお申し込みの場合、ガイド料1万5千円(保険料・ティータイム代・税込み)でご案内します。
ご家族、職場のお仲間などでご利用ください!お一人様+500円でツアー後の入浴も可能です。

【服装】
・長袖、長ズボン。汚れても構わない格好。
 フリースなどの保温着。
 合羽又はウィンドブレーカーなどの風を遮る服、上下(ジャケットとパンツ)。
・帽子と手袋または軍手。
・ソールの刻みの深い靴でご参加ください。
 足首を覆うトレッキングシューズやスパイク付き長靴がお勧め。
 無い場合は、スニーカーで参加可能。
・リュックサックやウエストポーチなど、両手があく歩きやすい格好で。

★標高1000mを超える山ですので1-2月は、降雪する日もあります。
その場合は、防水の登山靴プラス登山用スパッツ、またはソールの刻みの深い長靴(スパイク長靴がお勧め)が必要となります。必要な装備をお持ちでない時は、中止します。

【持ち物】
・昼食(お握り、弁当、パンなどすぐに食べられるもの)
・お茶
IMGP7751嶺北の山並み2






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

happy山歩き

Author:happy山歩き
日本山岳ガイド協会認定 四国山岳ガイド協会所属 自然ガイド 三浦真紀。
1975年三重県生まれ。山好きが高じて大阪のアウトドアメーカーへ転職。日本各地のフィールドで遊ぶ。北海道・大雪山が特に好き。仁淀川のカヌーが縁で結婚、高知県の山の中へ移住。
現在はキャンプ場の管理人をしながら、里山探検、いの町内の森林軌道調査・案内、我が子と山登りなど四国のフィールドを楽しんでいます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。